女性ホルモンちゃんと知ってる?基礎知識

女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロン

女性ホルモンはよくきく言葉ですが、実はこの女性ホルモンが中年期以降の女性にとっては、健康にも美容にもとても重要な役割をもつということをご存じでしたでしょうか。

 

実は、中年期以降に、急に体調が変わったり、太りやすくなるのにはこの女性ホルモンが大きく影響しています。

 

その理由は、女性ホルモンの核となる、エストロゲンの減少によるものです。

 

エストロゲンとは

 

女性ホルモンのエストロゲンは、卵胞ホルモンあるいは発情ホルモンとわれ、子宮の発達や乳腺の発育や女性らしい体付きを作るために大切なホルモンといわれています。

 

またプロゲステロンの黄体ホルモンは受精卵着床や妊娠などにも作用するホルモンです。つまりこのような女性ホルモンが女性らしいからだや、妊娠などにかかわる機能に大きくかかわるホルモンといえます。

 

これらのホルモンは、20代、30代のころにピークを迎えその後、40代にはいると減少し始めます。それがいわゆる女性らしい体やあるいは美容などの減退の原因となります。

 

そしてもう一つ注目すべきなのは、この女性ホルモンの減少が中年太りに大きく影響をおよぼすということです。

 

女性ホルモンのエストロゲンは、生理後の10日間程分泌されるといわれています。このエストロゲンは、内臓脂肪を分解する機能があります。通常このエストロゲンには、精神の安定や体調のリズムを整える機能があるとも言われています

 

そのため、このエストロゲンの分泌がへれば当然、心身のバイオリズムが乱れるということに繋がります。よく中年期以降に情緒が乱れたりするのも、このホルモンバランスの乱れのためと考えられています。またこのエストロゲンには、体の調子がよくなるので、例えばダイエットを有効に行うなどのことも可能になります。

 

よく生理周期に合わせたダイエットが効果的といわれるのもそのためです。当然、このエストロゲンが減少すれば、脂肪が燃えにくいからだになります。

 

プロゲステロンとは

 

そしてプもう一つのプロゲステロンは、皮下脂肪を蓄える働きがあります。生理前の数日間にこれが増えることで、情緒が乱れ、体調が不調気味になるのはこのホルモンによるものといわれています。月経前症候群(PMS)はこのホルモンの乱れと言われています。

 

よく生理前にイライラ感がましたりするのもこのためです。そしてこのホルモンの乱れもまた中年太りの原因になります。

 

このようなホルモンバランスの乱れが、中年期以降の心身の不調に大きくかかわっているといわれています。
最近ではプレ更年期障害が40歳前後であるといわれるのも、これらのホルモンバランスの乱れが大きくかかわっていると考えられています。

 

これらを補うものとして、大豆がよいといわれています。大豆に含まれているイソフラボンは、エストロゲンと似た働きがあるといわれているので、このイソフラボンが多く含まれている豆腐、納豆、豆乳などを食事に取り入れたり、あるいはサプリメントなどで補うと、とてもよいようですので、40代にはいったら意識的にこれらを摂るといいですね!