女性特有の病気、更年期障害の対策を考えよう

更年期対策は?

女性特有の病気として更年期障害があります。更年期は40代半ばから約10年間続くものです。閉口に向けて卵巣の機能が低下し、エストロゲンが減少することで、自律神経のバランスも崩れ心身ともに様々な症状が出てくるのです。

 

月経の異常をはじめ、物忘れや集中力の低下、不眠、鬱、頭痛、めまいなど精神的な問題も出てきます。
一般的な治療では、ホルモン補充療法や漢方の処方などがありますが、更年期に向けて食事や栄養面でのフォローも心がけましょう。

 

大豆に含まれるイソフラボンはエストロゲンに似た作用のある栄養素で、ホルモンバランスを整えてくれる働きがあるので積極的に摂るとよいです。
 
月経異常の貧血に鉄分がよいことは多く知られていますが、肌荒れや頭痛、疲労にも効果があります。
また、ビタミンB1が多く含まれる豚肉は手足の末梢神経を広げて血流をよくし、脳や神経のエネルギー源である糖質の分解を助けます。
ビタミンEは老化防止に良いので更年期には必要な栄養素です。アーモンドや落花生、うなぎ、モロヘイヤ、ひまわり油などに多く含まれています。

 

これらの食材を日常から意識して食事に取り入れるようにして、辛い更年期を少しでもラクに過ごせるような対策をとっていきましょう。

女性の悩み肌荒れ


スキントラブルや、便秘、生理中に起きる吹き出物など肌あれに悩まされることが多いのが女性です。

 

食生活の乱れやストレスなどから私達の体は免疫力や自が然治癒力が低下してしまい、体は栄養不足の状態となります。こんな栄養不足を補ってくれるのがサプリメントなんです。
ビタミンやミネラル、アミノ酸などの栄養補給の補助する食品、生薬、酵素、ダイエット食品などの様々な種類のサプリメントがありますが、これらは栄養補助食品、健康補助食品とも呼ばれています。

食生活の改善


健康維持のため食生活を見直しましょう。不足しがちなビタミン、ミネラル、繊維などを多く含む野菜類を食べることを心掛けることや、バランスの良い食生活への改善が大切です。適度な運動をすることなどで精神面のストレスの発散をすることで、自分自身の体の自然治癒力を上げ病気にならないような体作りが必要なんです。

 

肌荒れは、体の赤信号です。自分にとって何が不足しているのか考えて、日頃の食生活で足りない栄養素をサプリメントで補うことも必要なことでしょう。

 

しかし、サプリメントはあくまでも栄養補給の補助をする食品であって、治療する薬ではないことを知っておくことも大事なことです。