生理不順になってしまうメカニズムとは

生理不順になってしまう原因

 

女性なら誰にでも訪れる更年期、特に40歳から55歳位までの間が更年期と呼ばれています。
既に更年期に入っている方は、生理不順やイライラ、のぼせ等の不快な症状に悩まされていると思います。そのほか、だるさ、むくみ等、様々な症状が現れます。

 

人によって、様々な更年期の症状がありますが、特に生理不順に悩まされている方にお勧めの対策法をご紹介します。

月経が順調に訪れるメカニズム

女性の体内では、エストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンが微妙な調節により分泌されています。

 

40代から、これらの2種類の女性ホルモンの分泌量が減少して行きます。

 

また、分泌の調整がうまくいかなくなると、女性ホルモンのアンバランスが生じ、更年期の不快な症状を引き起こします。

 

40代半ばから、毎月の月経量が減ったり、月経の周期が遅れたりするようになるのは、女性ホルモンの分泌の乱れによるものです。

 

10代後半から30代までは、2種類の女性ホルモンの分泌の周期が安定しています。

 

女性の体内で排卵が起きた時には、プロゲステロンの分泌が増加します。

 

そして2週間後、妊娠しなかった場合に、プロゲステロンの分泌は急激に減少し、エストロゲンの分泌が増加します。

生理不順のメカニズム

エストロゲンとプロゲステロンの調節により、女性の月経周期は、一定になっています。
しかし、40代に入ると、これらのホルモンを分泌している、卵巣の機能が若い頃よりも衰えてきます。

 

その為、ホルモンの分泌量が低下する傾向になります。

 

例えば、排卵を促すエストロゲンの分泌量が低下すると、排卵が遅れたりします。

 

すると、排卵後に分泌される、プロゲステロンの分泌も、遅れる事になります。

 

プロゲステロンの減少と共に、月経がはじまるはずなのですが、排卵周期が遅れたために、月経が遅れる事になります。

 

これがいわゆる生理不順のメカニズムです。

生理不順にはどのような対策が良いか

生理不順は、女性ホルモンの分泌サイクルの乱れからくるものです。

 

これは年齢によるもので、病気ではないのですが、生理不順と共に不快な症状がある場合、対策が必要です。

 

対策法としては、更年期サプリが良いと思います。

 

特に、生理不順が気になる方は、女性ホルモンの分泌を豊かにするようなサプリメントが良いでしょう。

 

ドラッグストア等でサプリメントのコーナーには、多くの女性用のサプリメントが販売されています。

 

体質により、合うサプリメントは異なりますので、いくつかの更年期サプリを試してみて、効果があったものを使うのが良いと思います

 

更年期サプリは、基本的には、更年期のイライラや、のぼせなどの様々な症状の改善に効果がある事が多いです。
また、漢方薬で女性用の体質改善の漢方薬も販売されていますのでこちらもおすすめします。